Best Beauty 100

Home

News

Special Feature

Category

beauty&health

art&create

produce&blanding

lesson

model

healing&spirituals

others

Concept

About

Contact

produce&blanding

竹井かよこ
プリザーブドフラワーサロンAphrodite主宰
一般社団法人プリザーブドフラワーアレンジメント協会代表理事
takei2

小学校教諭を退職後、プリザーブドフラワーサロンオーナーとして独立。その後、一般社団法人を設立し、プリザーブドフラワー講師のプロデュースや、企業コラボなどを行う。またAneCanの読者モデルやその他媒体のモデルとしても活躍。さまざまな分野に活動の場を広げている。
アメリカの詩人、サム・レヴェンソンの書いた「時を超える[美]のヒント」という詩は、私がライフスタイルにおいて大事にしている言葉。そのまま、みなさんに贈ります!

「魅力的な唇にするには、やさしい言葉を語りなさい。
 愛らしい瞳にするには、人の長所を見つけなさい。
 ほっそりした身体になるには、空腹の人に食べ物を分けなさい。
 美しい髪にするには、一日一度、子どもの指で梳いてもらいなさい。
 姿勢よく歩くには、「決してひとりにはならない」と確信しなさい。
 人は物よりもっと、復元し、改善し、回復させ、更正させ、
 挽回させるべきもの…決して放り出さないこと。
 助けがほしければ、伸ばした手の先に必ず見つかると、心に刻みなさい。
 年を重ねれば、2本の手の意味がわかる…1本は自分を、もう1本は人を助けるため。
 女性の美しさは、着ている服にはない。姿かたちにも、髪をとかす仕草にもない。
 それは、瞳にあらわれるべきもの。瞳こそハートの扉、愛の住みかだから。
 女性の美しさは、ほくろの有無でもない。真の”美”は、その魂に映るもの。
 愛のこもった心遣いと、胸をこがす情熱に。
 そして女性の美しさは、年とともに増すばかり! 」


サム・レヴェンソン著
『時の試練をへた人生の知恵』より